食事プランにもこだわる

17年05月10日

免許合宿は宿泊を伴うものとなるので、選ぶ際には、周辺エリア情報や施設情報、部屋タイプなどさまざまな情報を収集することをおすすめします。空いた時間に旅行気分を楽しめるリゾート地にある施設は人気が高く、すぐに予約が埋まってしまう可能性があるので、早めの申し込みが必要となります。一人部屋なのか相部屋なのかという部屋タイプも気になるところですが、合宿生活の楽しみのひとつである食事内容のチェックも忘れないようにしましょう。ほとんどのプランに食事がついていますが、バイキングスタイルやホテルの料理を食べられるプランなど、好みで選ぶことができます。

リーズナブルに免許取得することが免許合宿の目的のひとつでもあるため、食費をなるべく抑えたいと考える人も多いでしょう。3食すべてがお弁当というプランや、食事なし、昼食のみなどのプランもありますが、おすすめは自炊プランです。調理ができる環境が整えられており、近所のスーパーなどで食材を調達すれば、かなり食費を抑えることができます。また、友人や教習所の仲間とワイワイ楽しみながら皆で自炊すると費用面が抑えられるだけでなく、コミュニケーションを楽しむこともできて一石二鳥となるでしょう。

▼TOPIC▼免許合宿入校情報 / 免許の匠
自炊プランができる免許合宿を紹介しています。

免許合宿を選ぶポイント

17年05月02日

通学ではなく免許合宿で免許取得をすることを選択したら、次に免許合宿をする教習所を探すことになります。選ぶポイントにはさまざまなものがありますが、やはり一番気になるのは費用ではないでしょうか。ネットで検索すると安い料金表示が目につくところがいっぱいあります。しかし、基本料金のみとなっていることが多いので、それだけでなく、規定教習時間をオーバーした場合の追加料金や交通費の負担なども含めて比較検討することが大切です。免許合宿の費用は、車種や入稿日、宿泊プランなどによって細かく分かれていますが、別途料金扱いとなるものもあるため、表示されている料金以外にいくらかかるのかについてもしっかりと調べましょう。

免許合宿では、教習所が交通費を支給するサービスを設けているところもあります。主要エリアからの往復分交通費が全額支給されるところ、支給上限額が定められているところ、など、教習所ごとに異なるため事前にチェックしておくことが大切です。また、教習所によっては、繁忙期となる春休みや夏休みの時期を除外した時期に、費用が安くなるキャンペーンを実施しているところもあります。宿泊施設がグレードアップすることもあるのでとてもお得です。

免許合宿のメリット

17年05月01日

憧れの運転免許を取得するためには、通学と合宿の2つの方法がありますが、若者に人気の免許合宿にはどんな特徴があるのでしょうか。合宿免許の魅力は、なんといっても短期集中型で免許取得までの期間が短くて済むこと。通学の場合、早い人でも1ヵ月から2ヵ月かかるのが一般的で、仕事などで通えない期間があったり、追加教習などがあったりすると3ヵ月以上になることもよくあります。その点、免許合宿では、初めから空き時間などの無駄がないようにみっちりとスケジュールが組まれているため、早い人では、最短で2週間ほどで卒業することができるのです。反面、集中して教習を行うため、仕事や学業の合間に通うことができず、まとまった休みを利用して教習を受ける必要があり、春休みや夏休みに受講する学生がその多くを占めています。

短期間集中型となるので、毎日のスケジュールがハードであることは覚悟しなくてはなりません。毎日2~3時間のペースで技能教習や学科教習を受ける必要があります。その代わり、教習と教習の間が空かないので、忘れないうちに次のステップに移ることができ、特に技能実習での上達が早いというメリットもあります。また、通学では、30万円程度かかる費用が免許合宿だと20万円を切るプランもあり、経済的にもメリットが大きいものと言えます。免許合宿にはさまざまなプランがありますが、料金だけでなくどのようなポイントをおさえて教習所を選べばいいのでしょうか。当サイトで詳しく解説いたします。